パチンコ 物語

友人への怒り

こうなったのは、全て友人にあったのが原因だ!!

 

あの友人にさえ会っていなければ、データロボサイトセブンに出会うことも
無かったし、こんなにパチンコやスロットにハマることも無かった・・・

 

 

もう、あんな友人とは縁を切ろう。
そして、パチンコやパチスロも、もう終わりにしよう・・・

 

 

ホテルミラコスタのデートは当然の如くご破産となり、
彼女との縁もそれを機に切れた・・・。

 

 

でも、どうしても彼女のことが忘れられない。
彼女とのディズニーミラコスタの約束を果たせないまま
卒業して社会にでるのは、どうにもやるせない・・・

 

 

兎にも角にも、友人への別れを告げ、自分自身に対してケジメをつけなければ、
何もこの先変わらないという思いから、友人を訪ねることに決めました。

 

 

友人

 

よおっ、久しぶり!

 

元気でやってっか?

 

???って、あんまり元気じゃなさそうだな。
なんかあったのか?


 

 

何も知らない友人は、ただ私のことを心配してくれていました。
それがかえって私の心を逆なでしてしまい、ついに怒りは爆発してしまいました。

 

怒り

 

そして、詳細を伝え友人に別れを告げ、その場を去ろうとした時、
友人が私を引き留めました。

 

友人

 

俺は謝らないからな!
だって、俺自身が今現在データロボで稼いでいるのは事実だし、
お前が負けたのは、データ解析しておきながら本当の狙い台を打つことができず
中途ハンパな狙い台をちょこちょこ打ったからだ!

 

そうっ!お前が的確に使わなかったからだ!
中途ハンパな気持ちで勝てると思い込んだ、
お前の意思の弱さが、負けの原因なんだよ!


 

そして友人は最後にこう告げました・・・

 

友人

 

ただお前には少し申し訳ないことをしたとも思う・・・
なぜなら、俺の勝利の理由のうち、半分しか伝えられていなかったからな。

 

もしお前がこれからの人生を取り戻す、、、
いや、彼女との約束を果たしたいと思うなら、勝利の残りの理由、
パチンコ黄金率「白い絹糸」
っていうのを調べてみな。


 

友人

 

データロボサイトセブンだけでも、
勝利の確立は大幅にあがるかもしれないが、
俺の勝利の真の秘密は、

 

データロボサイトセブンと白い絹糸の二つの組み合わせ

 

だったんだよ、、、


 

 

そう言い残し、友人は去って行きました。
そう、私の心に大きな余韻と希望を残して・・・

 

 

・・・そして、月日は流れた、、、

 

 

パチンコ,物語次の「【終章】For you」へ

 

 

 

>> データロボはこちら <<

 

 

 

『或るパチンカーの個人的物語』 最初から読む