パチンコ 物語

大ショック!!過去最悪の大負け・・・

自分絶望1

私(管理人)は現在22歳、某私立大学に通うごくごく普通の大学生です。
普段はバイトをしながら、平日や週末にパチンコやパチスロを打つことを楽しみとしています。

 

就職活動も終わり、無事内定も獲得。あとはゼミや卒論をこなして
晴れて社会人!

 

・・・といいたいところですが、その前に同級生の彼女との大事な約束を果たさなければいけません。

 

「社会人になる前に、二人でディズニーシー内にある
ホテルミラコスタで1泊2日のディズニーデートしようよ」

 

彼女との何気ない会話から話が大きく発展し、この大切な約束が生まれました。
この約束を守らなければ、二人の明るい未来が無いと言っても
過言ではありません。

 

 

「スペチアーレ・ルーム&スイートヴェネツィア・サイド テラスルーム」

 

・・・ミラコスタ内のスイートルームでは一番割安ではありますが、
折角なら一般客室では無くスイートルームのサプライズで彼女を驚かせる・・・

 

 

ずっとバイトして貯めたお金だけど、彼女のため、今後の二人のためなら
これくらいの出費なんて気にしない。

 

 

なんと彼女想いの彼氏でしょうか・・・。

 

 

 

でも・・・実は最近、ショッキングな出来事があったんです。
パチンコ・パチスロで過去最高の大負けをしてしまったんです。

 

なんとその額13万円!!

 

 

しかし、彼女は私が普段からそんなにパチンコをしているとは思っていません。
なぜなら、私は彼女とデートする日は、決してデート前にパチンコをしないからです。

 

たばこの臭いが嫌いなんですね、彼女。

 

 

それほど私がパチンコに嵌っていると思っていない彼女が追い打ちをかける様に、

 

彼女

 

ねえ、もうすぐね、ディズニーシー!
ミラコスタ楽しみだわ〜。

 

ディズニー内のホテルに泊まってディズニーリゾートを満喫することって、
ずっと子供の頃からの夢だったのよね。

 

いっぱい楽しんで、たくさん思い出作ろうね!


 

と告げられたのです。さらに・・・

彼女

 

そういえば、お金の方は大丈夫?

 

無理しなくていいからね。
でも、前に確かパチンコで3万円勝ったって言ってたわよね。

 

あなたって本当に強運よね!いい小遣い稼ぎになったんじゃない?
その強運を活かして、倍の6万円にしてみたら?


 

なんて、冗談を言うんですよ〜。

 

 

もうミラコスタまで時間が無いなかで、唯一失ったお金を取り戻せるのは、
やはりパチンコしかない・・・

 

でもゴトや裏の攻略法でも無い限り、パチンコやパチスロで
連戦連勝なんて夢物語です。

既に社会人の友人との再会

そんな中、高校卒業後、既に社会人として
バリバリ営業をこなしている仲のいい友人と、久々に会いました。

 

友人

 

よお、久しぶり!
彼女とは変わらずアツアツか?

 

相変わらずパチンコやってそうだな?
昔は俺も闇雲に打ってて大負けしてたけど、
最近はやっぱりデータがものをいう状況だよな。

 

ところでお前、データロボサイトセブンって、知ってるか?


 

私

 

まあボチボチ打ってるって感じかな。

 

っで、なに?その

 

データロボサイトセブンって?


 

聞くところによると、友人はそのデータロボサイトセブンを使って
パチンコ店を回って打っており、お小遣いもホクホクだとか・・・。

 

いったい何だよ、そのデータロボサイトセブンは!?

 

と半信半疑に思いながらも、ミラコスタの為なら
そりゃもう、わらにもすがるような気持ちで友人に詳細を聞いてみることにしたのです。

 

 

パチンコ,物語次の「【第一部】出会い」へ

 

 

 

>> データロボはこちら <<